水素水最新ランキング【※大手の人気商品を比較】

わたしのすいそすい

わたしのすいそすい

熊本県、菊池の名水からきれいな水素水が出来ました。
毎日飲むものだから、日本名水百選に選ばれた阿蘇の伏流水を100%使用。
菊池水源(菊池渓谷)は、熊本県北部最大の河川「菊池川」の水源であり、環境省選定の名水百選にも選ばれています。(1985年選定)
原生林からの伏流水は、四季を通じて水温14℃と冷たく、水質・水量ともに選定当時と変わらぬ良好な状態を保っており、菊池市内全域に供給されている水です。
菊池の水源である、菊池渓谷は菊池の市街地から東へ約17km離れた阿蘇外輪山の北西部、標高500m〜800mに位置しています。
東京ドームが252個すっぽり収まるという1,180haの広大な土地、“憩いの森”と呼ばれる森林群。
渓谷では川のせせらぎ、小鳥のさえずりが聞こえてきます・・・。
こんな美しい大自然から溢れる新鮮な水、それが菊池の水なのです。

 

震災以降、日本人の水へのこだわりは大変強くなりました。
体に安全で美味しい水を求めて、九州・熊本の水が注目されています。
日本人には馴染みの深い軟水であり、臭いもなくナチュラルな水は、菊池渓谷の大自然の恵みそのもの。
体のために、もっと美味しい健康な水が欲しい。
そんな貴方に、「わたしのすいそすい」をお届けします。

 

水が美味しいだけではありません。
水素も特許取得の特殊技術により飽和状態まで水に溶かしこむことに成功。
開栓時の水素溶存量は業界トップクラスの0.8〜1.2ppm!

 

特許取得の特殊技術とは、加圧方式で水素を直接、飽和状態まで溶かし込むことができる技術です。
この技術が、水本来の味やミネラル分等栄養素を変えることなく、中性のまま維持することを可能にしました。

 

水素は分子量が小さく、ペットボトルやガラス瓶では、キャップをしていても簡単に通り抜けてしまいます。
せっかく飽和状態まで溶かし込んだ水素を逃がすことがないように、特殊なアルミパウチを採用しました。

 

アルミニウムは水中でわずかに成分が溶けだすため、容器に使用した場合はときに飲料の味を変えてしまう場合があります。
アルミパウチ商品では、内側にナイロン素材を用いてそれを防い素を加えた阿蘇山系の美味しい天然水をそのままに、パックに閉じ込めることに成功しました。

 

飲み残した時でも水素をしっかり残存させることができるように、空気をすべて押し出せるパウチの形状にも徹底的にこだわっています。

 

まずは続けてみてください!
健康のため、美容のため今すぐわたしのすいそすいを始めてみませんか?

 

わたしのすいそすい公式サイト

関連ページ

H4O水素水
ドリンクタイプの水素水商品
水素たっぷりのおいしい水
水素たっぷりのおいしい水の紹介